万年筆を長く使うために

いつもリンデ カルトナージュにお越しくださりありがとうございます。
FullSizeRender 18このところ、お手持ちの万年筆の洗浄に見えられる方が増えています。
「しばらくインクをいれたまま放置していた」
「長年使用しているが、まだ一度も洗浄したことがない」
実はこんな万年筆ユーザーの方、意外といらっしゃるのではないでしょうか。

IMG_1243万年筆で使用するインクは
・染料系インク(写真左)
・顔料系インク(写真右)
・古典インク(現在ほとんど流通していません)
の大きく3種類にわかれ、現在もっとも主流なのが染料インクです。

いわゆる水性タイプのインクで、なめらかな筆記感に加えペン先が乾燥しにくいのが特徴です。
とはいえ、長期にわたってインクを入れたままにしていると、やはり凝固してしまい、書けなくなってしまうことがあります。
「以前に比べインクの吸入量が少ない気がする」
「滑らかに書けず、ひっかかるような感じがある」
このようなときは、ぜひ一度洗浄によるお手入れをおすすめいたします。

洗浄の仕方は、とても簡単。インクが残っているのは、
・コンバーター内部
・ペン先
であるため、この2つのパーツを主に洗浄します。

まずはコンバーターを装着したままのペン先を、容器に入れた水につけていただき、インクと同じ要領で吸入してそのまま排出します。こちらを5~6回繰り返せば、洗浄が完了。
そしてコンバーターを取り外した後は、ペン先を水につけたまま一晩(最低でも4~5時間)放置するとインクがきれいに溶け出すので、あとはさっと流して柔らかい布やティッシュで拭き取れば、あっという間に洗浄終了です。
IMG_1247もしご自身でのお手入れが難しそうだと感じられたときは、万年筆の洗浄のサービスも行っておりますので、どうぞ当店までお持ちください。

野津がお届けしました!

シックに映える手元の”華”

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。

お盆を迎えた途端、朝夕に涼しさを感じるようになりました。
大手門はゆったりとした時間が流れていますが、城跡周辺の自然の変化に目が止まります。

FullSizeRender 9店内のグリーンも次の季節を迎える準備中です。

FullSizeRender 8店頭でも秋へ向けて新たなペンが並んでいますが、
なかでも大理石のようなマーブル模様が美しいこちらのペン。
海外のプロダクトでしばしば見られるタイプのデザインですが、実は国産の金ペン万年筆です。
アンティーク調の色合いでシックな印象ですが、手元にアクセントが欲しいという方にもピンとくる、
表情豊かな個性があります。

FullSizeRender 6ボディはショートサイズで、持った時のおさまりもいいペンです。
本体のみだと非常に軽量ですが、筆記時はキャップをボトム部分につけていただくことで安定した書き心地を保つことができます。このメーカー特有の滑るようなインクフローは、長時間書いても疲れにくいのも特長です。

クラシックなペンもいいけれど、少しひねりのきいたペンが気になる方にお持ちいただきたい一本。
ぜひ、お手にとってお確かめください。

野津がお届けしました!

“α” ~始まり~

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。
FullSizeRender 2もうすぐお盆を迎えますが、相変わらず厳しい暑さが続きますね。
今年はカレンダーの関係で休暇の期間も長く、ゆっくりと過ごされる方も多いのではないでしょうか。
先日もご案内しておりましたが、当店のお盆期間は15日(火)のみお休みですので、
帰省の際はどうぞ気軽にお立ち寄りくださいませ。

8月もお盆を過ぎれば、いよいよ夏も終わりに近づき次の季節を迎えます。
その切り替わりに合わせ、新たなペンへと気持ちが向かう方が多いのもこの時期ならでは。

実際に、9月から新しい環境に移られる方もいらっしゃるかと思います。
そんな「出発」をイメージして作られたペンがこちらです。FullSizeRender世界各国のペンメーカーの中でも、とりわけ芸術的な感性を発揮するのがイタリアのアウロラ。
ここで作られる「アルファ」シリーズは、なだらかなグラデーションが映える美しい一本です。
この「アルファ」は、アルファベット最初の文字であり、「始まり」を意味します。
FullSizeRender 5なめらかな筆記感覚で、ボールペンながらしっかりとした重みがあり、
新たな門出をともにするに相応しい気持ちの引き締まるペンと言えるでしょう。
涼やかなブルーとニュアンスのあるブラックがモダンな装いにもよく映えます。

ぜひ店頭にてお確かめください。

野津がお届けしました!

盆期間営業について

リンデ カルトナージュにおこしくださりありがとうございます。

IMG_4225
日本製 “モザイク” デザインの万年筆が店頭ラインナップに加わりました。

着色したプラスチックペレットの積層板を手作業で一本ずつ削り出しながら成形。
いわゆるプラスチックでは表現できない、(積層板の)深みある輝きに満ちた色合いにより、
一つひとつ異なる美しいモザイク模様が生まれます。
優雅さのなかに、手づくりの温もりを感じられる万年筆。どうぞお試しください。

今年の8月は、他の月と変わらずほぼ通常通りの営業です。

8/11 金 通常営業(11:00-20:00)
8/12 土 通常営業(11:00-20:00)
8/13 日 時短営業(12:00-19:00)
8/14 月 時短営業(12:00-19:00)
8/15 火 休業
8/16 水 通常営業(11:00-20:00)

福岡に帰省予定のお客様、再会を心待ちにしています!

絵を描く? 文字を書く?

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。

今月末の「手紙のじかん」は、ガラスペンをテーマに据えた内容ということで、
たくさんのご参加のお申し込みをいただき、現在定員いっぱいとなりました。ありがとうございます。

装飾性と実用性の高さを兼ね備え、リンデでも万年筆と並んで人気のあるガラスペン。

日本を発祥の地とし、当初は竹製の軸にガラスのペン先をついだ形をしていました。
その後「ひねりガラスペン」という名前でボディを含めオールガラス製のペンとなり、
海外でも製作されるようになりました。

リンデではこれまで、ドイツとイタリア2カ国のガラスペンをご案内してきました。
FullSizeRender 2握り心地がなめらかで安定した書き味の”Cipin Glas”。
この夏よりデザインが一新され、シンプルでモダンな印象へ。

FullSizeRender 3装飾の美しさが際立つヴェネチアングラスの”TOMMASI”。

それぞれに特色のある美しい筆記具です。

またこの2種類に加え、新たにフランス”HERBIN”のガラスペンもご案内できることになりました。
FullSizeRender 4“HERBIN”のガラスペンは、これまでの二つに比べしっかりした太さのペン先が特徴です。
文字を書くだけでなく、ペン先の角度次第で細やかな描線から広い面の塗りといった
絵やイラストを描くための様々な表現を行なうことができます。

ペンをお持ちでない方はもちろん、ガラスペンで普段絵を描かれる方にもおすすめの一本です。

FullSizeRender 5
FullSizeRenderシンプルなシルエットのタイプとデコラティブなフォルムのタイプ、
それぞれ握ったときの安定感が異なりますので、グリップの感覚をぜひ一度お確かめください!

野津がお届けしました!

万年筆を「素材」で選ぶ

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。

九州北部もようやく梅雨明けを迎えたと思いきや、七月も下旬に突入です。
ついこの間まで向かいの城跡へつながる道の木陰にベンチが設置されていたのですが、なんの気まぐれか、いつのまにやらすっかりその姿を消していました。
ささやかな憩いの場がなくなり、少し寂しさを感じる今日この頃です。

FullSizeRender 9最近のリンデにはさまざまな万年筆が並んでいますが、みなさんはペンを選ぶ際に、ボディの「素材」に注目されたことはあるでしょうか。

万年筆といえば、プラスチックや金属を本体に使用したものを思い浮かべることが多いと思います。
ですが、大理石のような模様のアウロラ樹脂やイタリアのムラーノ・ガラスを採用したものなど、実はバラエティに富んでいるのです。
FullSizeRender 6このように軸として「木材」を採用した万年筆もあります。

FullSizeRender 7このペンは、ボディに木材を幾層にも重ねた上で樹脂加工を施した「コムプライト」と呼ばれる素材が使われています。水に強いのが特長で、安心して洗浄してお手入れすることができます。

FullSizeRender 8ショートサイズのカスタム98やステラ90Sに近い大きさで、重さをあまり感じません。

温かみある木軸とスマートな印象のシルバークリップのコンビネーションは、メリハリが効いた一本です。
この異素材の組み合わせにより、ナチュラルな質感を洗練されたイメージにクラスアップします。

普段見かけることの少ないユニークなデザインに、周囲の注目を集めること間違いなし。
一風変わったデザインをお探しの方は、ぜひ一度お試しください。

野津がお届けしました!

夏の”パターン・ペン”

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。
FullSizeRender 3
7月も半ば、暑さの盛りを喜ぶかのようにお濠の蓮も次々と美しい姿を見せています。

先日、ふとしたきっかけで「溽暑」という言葉を教えてもらいました。辞書を引いてみると「湿気が多く、蒸し暑いこと」。「土潤溽暑」という形で使われることもあれば、夏の季語として詠みこまれることもある言葉だそうです。梅雨明けこそ発表されていないものの、夏の暑さが到来している今の時期にはぴったりの言葉ですね。

店内もガラスペンや涼しげなカラーの万年筆など、夏の装いにぴったりのペンが並んでいますが、
なかでも目をひくトロピカルなペンがこちら。
fullsizeoutput_3f0
ACUMEのローラーボールです。
ローラーボールはペンの構造的にはボールペンと同じですが、水性インクを使用しているという点が一番の違いで、油性ボールペンよりもインクフローが格段に良く、インクが自ら滑っていくような筆記感覚です。
FullSizeRender 2
線の太さは、どちらかといえば太め。はっきりとしたラインです。
FullSizeRender 2
ローラーボールの多くはボディにプラスチック樹脂を使用しているため、ペンとしても軽量なイメージがありますが、こちらは金属ボディですので、しっかりとした重量があります。重さがあるとそれほど力を加えなくても自重で筆記できるため、思った以上に書きやすいのが特長です。
デザインも他のペンでは見られないユニークで大胆なパターンのものばかりですので、ジャケットの胸ポケットに忍ばせて注目を集める一本となります。

この夏の装いとして、ぜひお手にとってお確かめください。

野津がお届けしました!

ガラスペンを持ち寄りましょう(7月の手紙のじかん)

リンデ カルトナージュにおこしくださりありがとうございます。

もはやリンデの“顔”ともいえる筆記具のひとつ、ガラスペン。
ドイツ製造の機能的なフォルムに、
美しきマーブリングを施したスタイリッシュなデザインは今なお突出した人気です。
IMG_0507
先日、SNSの投稿でもお知らせしていましたが、店頭ガラスペンのデザインが一新しました。

従来の滑らかな書き味はそのままに、
握りやすい形状のシリーズが新たに加わり、選択肢の幅が広がりました。
旧来のデザインが見られなくなるのは残念ですが、それは物の道理。
この新しいペンを、新しい気持ちで、愉快・痛快にご提案していきたいと思います。

ところで、7月のお知らせを。

こちらも先日のSNSにアップしておりましたが、
7月の手紙のじかんは、ガラスペンを使ったワークを皆さんにお楽しみいただきます。

IMG_1219

講師は佐々木 亮平さん。

佐々木 亮平(ryohei sasaki)
1985年福岡生まれ、福岡在住。 
2007年よりライブペインターとして活動を始め、福岡を拠点に各地で活動。
2013年に参加したLivepaintDOJOでkaikaikikiより『GEISAI賞』を受賞。
この受賞をきっかけに、本格的に個展や作品提供などの活動を展開。
2014年…初個展を東京の半蔵門にあるAGRAで開催。同年カルチャーマガジン『WIRED』での公募企画CREATIVE HACK AWARDにて奥田一平との共作がノミネートされる。
2015年…2回目となる個展をANAGRAで行う。同年、中目黒にある「HATOS BAR」と「KINFOLK lounge」にて個展を同時開催。また、雑誌の『THE DAY』にデザインパーカーへの作品提供と、ZINEを制作し提供。また、BEAMS での作品展開。「BEAMS T」への作品提供と併せてBEAMS 原宿での作品展示も。
2007年から作風は様々に変化を遂げてきたが、今年に入り“岩”、“石”のモチーフに始まり、日本特有の剪定が施された庭木(主に槇/真木)の描写をしている。九州を旅して出会ったコトやモノ。庭や庭師を訪ね、インスパイアを受けたものを描いている。 

ガラスペンを巧みに操り、独創的なアートワークを手がける、
今リンデが(勝手に)熱視線をおくるアーティストです。

IMG_0366実施内容を打合せた先日も、彼はさり気なく私の前にペンを取り出し、
IMG_0358
IMG_0361
実に軽妙なタッチで、何とも言えないインクグラデーションを披露してくれました。

19510666_1712059402140921_5208539444872158069_n

というわけで、
毎夏リンデがテーマにする “ガラスペン”を使った手紙のじかんは、
佐々木 亮平さんをお迎えして、ガラスペンとインクが織りなすアートワークに挑戦します。
「自分は絵心がない……」大丈夫です!下記2つの方法で、どなたも楽しんでいただけます。

【佐々木 亮平とガラスペンアートの世界】
【日時】7月30日(日)14:00-16:00
【場所】リンデ カルトナージュ
【最大定員】15名※お一人様参加大歓迎
【参加費】3,200円(紙、店頭インク使用込み)
【内容】ガラスペンを使って佐々木さんとともに絵を描きます。
①ガラスペンの構造を活かした面白い描き方のノウハウ
②佐々木さんの下絵をガイドラインにして色を塗る“大人の塗り絵”
【持参物】ガラスペン、お気に入りのインクをお持ちの方はぜひお持ちください。活用方法が広がります。
※ペン、インクともに貸出し可。作品お持ち帰り用のバッグを持参ください。
【その他】インクの付着が心配なかたは、エプロン、インクがついても良い服装でおこしください。

【問合せ・ご予約】
info@keitime.com 09011937106 K代表・古賀
info@linde-cartonnage.com 092-725-7745 リンデ カルトナージュ・瀬口

インク、何色を合わせますか?

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。

長かった桜の季節もそろそろ終わりを迎え、ツツジが華やかに咲き揃う頃合いとなってきました。
今年のゴールデンウィークは、5連休ということでお出かけの計画を立てられている方も多いのではないでしょうか。
IMG_6637月半ばごろからペンのラインナップも少しずつ変化しているリンデ店内。
なかでも、シャッシャッ、と紙を擦るような書き味のセーラー社の万年筆はとりこになる方も多くいらっしゃいます。今回は、洒脱なカラーリングが魅力的な一本のご紹介です。
IMG_6638こちらは日本の初夏をイメージしてデザインされています。
ボディは軽量ですが、メタルグリーンの重厚感ある色合いのため高級感ある印象を演出します。ディティールに配されたゴールドのカラーコンビネーションもばっちり。クラシカルながら、渋い味わいの個性を感じさせるペンとしてオススメしたい一本です。
IMG_6639ここで考えてしまうのが、「何色のインクを入れるか」問題。五月に向けて新しいインクへの切り替えを考えておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ひとまず思い浮かぶのは、スタンダードなブルーブラックやブルーグレーのインク。
同じセーラーの”ジェントルインク”のブルーブラック、ヤンセンインク”ニュートン”あたりの落ち着いたトーンが、締りのあるシャープな雰囲気を醸し出します。
またヤンセンインクの”チャイコフスキー” のグレーや”バッハ”、”ヴェートーベン” のブラウン系とも馴染みが良さそうです。
これからの季節にぴったりなパイロットの色彩雫シリーズ”躑躅(つつじ)” を入れて、センス光る組み合わせにトライしてみるのも楽しいですね。

インクのことも考えながら、ぜひ一度手にとってお確かめください!

野津がお届けしました!

リンデ4年目スタート

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。
FullSizeRender 43
例年より遅れて開花したソメイヨシノも、すっかり葉桜となりました。ですがそれに続くかのように八重桜が満開を迎えており、引き続き店内からはお花見を楽しむことができます。

先日当店は3周年を迎え、4年目に突入いたしました。当日はいつもと変わりない一日でしたが、このように一日一日を過ごすことができますのも、リンデ カルトナージュにお越し下さるみなさまのおかげです。今後も「リンデに行けば、何か見つかるかも!」との期待に応えられる空間であり続けたいと思います。
IMG_6613
そんなみなさまの”トキメキアンテナ”をとらえるのが、こちら「コントレール」
FullSizeRender 42最近、気軽なギフトとしてお求めの多いボールペンです。天然木を使用し、一本ごとに木目の異なる味わい深いボディは、使い込むほどに馴染みの良いカラーリングへと変化。
IMG_6610風にはためくフラッグをイメージしたデザインは、カジュアルなテイストからクールなニュアンスものまで8パターンあるため、お気に入りの一本が見つかることでしょう。
ポップな見た目に注目しがちですが、細字でなめらかな筆記感ですので、さっとメモを取りたい時に大活躍。
IMG_6617クリップ部分にはさりげなくロゴの文字が。
こんなに機能的で持ちたくなるペンなのに、ちょっとしたお礼にぴったりのプライスなところも驚きです。
何かの差し入れに「ペン」という選択肢も新しいですね!ぜひ店頭にて、一度お試しください。

野津がお届けしました!