作成者別アーカイブ: linde

“Old Style”の味わい

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。

雪の散らつく日もあるような厳しい寒さの日が続きますね。
県外からご来店のお客様から「福岡って寒いんですね!」と驚かれることもしばしば。

リンデでは、年明けから新たなペンが続々と入ってきました。
さまざまな表情が見られるペンのなかでも、美しい輝きについ目を奪われる大人のための一本がこちら。
IMG_1970ひときわ存在感を放つ重厚なボディは安定したグリップ感で、スムーズな筆記が楽しめます。厳選されたレジンを素材とする曲線のあるシルエットは、いまだ色褪せることのないオールドスタイルの味わい。深みのあるブラウンカラーが成熟のイメージを醸しだします。
IMG_1972一年をともにする頼もしい相棒となること間違いなし。
心機一転のスタートに、ぜひ出会っていただきたい一本です。

どうぞ店頭にてお確かめください。

野津がお届けしました!

手紙のじかん。今年も初島さんのカリグラフィーから!

リンデにおこしくださりありがとうございます。

スクリーンショット 2018-01-09 16.42.52

昨年の仕事はじめは、沖縄での企業取材でした。
写真の色から温度が伝わってくるようですが、この日(1/6)現地は体感で25度くらい。
みぞれちらつく福岡から、ウールコートを羽織り向かった那覇は、
アンビリ〜バボーマイガぁ〜! !  暑い、一月でした。
Tシャツ姿さえ見受けられるモノレール車内で、
余分の上着を手に、ひとり車窓を眺める36歳、年始のミステイクでありました。
スクリーンショット 2018-01-09 17.14.28ちなみに、、、今日はなかなか(というかだいぶ)寒いようですね。

ひるがえって本日の福岡。いろいろ諦めたくなる冷えこみよう。
予報によれば向こう3、4日は☃☃☃。いよいよ寒さ本格化といったところでしょうか。

26169674_1909460169067509_7715039649830351788_nさて、今年も手紙のじかんにお付き合いください!

今月は28日(日)14:00〜の実施。
店頭やお電話はもちろん、下記アドレスからもご予約可能です。
初回は恒例の、初島さつき先生とお届けするカリグラフィー!

初心者こそ楽しめる内容です。ご参加お待ちしております。

手紙のじかん バレンタイン編 〜カリグラフィーで書く “Love Message”
1月28日(日)14:00〜16:00

パートナーはもちろん、家族、友人、大切な方への“Love Message”をカリグラフィーで美しく 。
バレンタインのこの時期にぴったりな、カリグラフィーワークです。
日頃はなかなかストレートに伝える機会がないという方も、カードに託して、
感謝や愛の気持ちを伝えてみませんか?
初めてのかたも、久しぶりで復習したい、というかたもお気軽にご参加ください。

★★会について★★
カリグラフィーのガイド役に初島さつきさん(スタヂオポンテ主宰)をお迎えし、
毎回好評をいただいている“めくるめくカリグラフィーの世界”。
カリグラフィーの講座は、通常、習字であり、入門編だけ切り取った内容での開催、
オリジナル作成資料の提供は、リンデでの特別開催となります。
この機会をたくさんのかたに活用いただきたいと思います。

【内容】
・基礎練習:「カリグラフィー基礎編 」※初島さんオリジナルの練習シート使用
・ 練習:ラブメッセージと、お名前をカリグラフィーで書く
※予め初島さん作成の例文をご準備します。
・清書:メッセージカードをカリグラフィーで2枚書いてみます

>>初心者の方…基本のイタリック編
>>2回目以降の方…フローリッシュに挑戦も良いかもしれません。

【日時】1月28日(日)14:00-16:00
【場所】Linde CARTONNAGE 店内にて
【お申し込み】定員15名になり次第しめきり
【ご予約】こちらから可能です
※ペンを購入希望される方は1/20までにお知らせお願いいたします。

【参加費】3,300円(初島さんオリジナルの資料ガイドシート、紙、材料、インク使用込み…当日お支払い)
【持参物】以下、必要な事項となりますので、必ずご確認の上ご参加ください。
・ポインテッドペン、他、カリグラフィー用のペン
・バッグ、クリアファイルなど、資料をキレイにお持ち帰りいただくもの。
※ ペンをお持ちでない方へ→お申し込み時にお知らせください(1/20まで)

申し込みフォームに「ペン購入希望」と記入いただいた方は、
こちらで当日購入分を準備します(ペン先+ペン軸で500円程)

※基礎編の参加ご経験者で、初島さんオリジナルのガイドシートをお持ちの方へ↓↓
申し込みフォームに「ガイドシート持参」とご記入ください。参加費を200円引かせていただきます。

【その他】
・店舗でもインクをご用意しておりますが、ご自身の使用したいインクがあるかたはご持参ください。
・この会では、予め初島さんにご準備いただいた例文のガイドシートをご提供します。

オリジナルで、個人的なカリグラフィーワークをご依頼されてみたいというかたは、
会終了後、初島さんまでお気軽にお問い合わせください。

【このイベントのお問い合わせ先】
K代表・古賀 info@keitime.com 09011937106 
HP関連リンク http://keitime.com/2018/01/05/630
Linde CARTONNAGE info@linde-cartonnage.com 0927257745(瀬口・野津)
===========

★★初島さんについて★★
カリグラフィーの教室兼、自身のアトリエ『スタヂオポンテ』主宰。
アメリカでカリグラフィーに出会い、イギリスでブックバインディング(製本)を学ぶなど、
紙と文字、印刷にまつわることの造詣が深い、福岡では稀有な存在。
国外の著名なカリグラファーとの親交も深く、大学での講義、海外でのセミナー、
ワークショップなど、講師活動も行う。
住まいである糸島の茅葺き古民家『銀河荘』もおなじみ。
自ら田畑を耕し、蒔をくべ、昔ながらの日本の暮らしを実践中。
文字のプロでもあり、食と農を楽しむ自然人でもあります。
スタヂオポンテHP→http://www.studioponte.com/
銀河荘facebook→https://www.facebook.com/gingaso/

社会問題の一端を知る。学生と本をつくりました。店頭配布中です

リンデにおこしくださりありがとうございます。
IMG_1645
新年も早々から馴染みのお客様はじめ、遠方各地から品を求めにお見えになる姿に接し、
今年もオリジナルの製作やバイイング、あるいは依頼のある編集や執筆など、
あらゆるものに精を尽くしていこうと期するしだいです。よろしくお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA21

ベルギー le typographe(ル タイポグラフ) 印刷のレターアイテムが店頭にすべて到着しました。
昨年の渡航から数カ月。現地の印刷工場(こうば)で直に見たものが、日本の、福岡の、大手門の
狭小ビルの一角にそしらぬ顔でひしめく光景。感慨?もそこそこに、それらをどうやって楽しんでもらおうか。
弾む気持ちを制しながら、空間、言葉を思案中です。

IMG_5355話題変わって、本「Ensemble/アンサンブル」の紹介。

これは先月(12/24)刷り上がったばかりの本で、講師として私が10年以上もお世話になる
ファッション専門学校の学生とともにつくりあげた一冊です。
毎年、私の授業は一年をかけて雑誌制作に取り組むのですが、そのテーマ設定は、
学生の意思を最大限に反映したいという思いから、いつもゼロベースからスタートします。

意欲的な学生もいれば、そうでない(にも関わらず授業を選んでくれている……)学生と
まっさらな状態でアイディアを出し合う時間は、私の恒例の楽しみで、
ある年はコーディネート(スタイリング)集をつくったり、明くる年は衣食住でテーマを切ったりと、
当代の学生カラー(というのが本当にあるんです)で企画内容は大きく変わります。
つまりこの本(Ensemble/アンサンブル)も、今年の学生カラーが表れた一冊、というわけ。
IMG_5358
ところで、
思い返せば昨年だけでも、記憶に留めておくべきニュースがたくさんありました。
にわかに盛り上がり、なぜか報道の表舞台から消え失せた魚市場移転問題、
北部九州の大水害、福祉施設での凄惨な殺人事件、揚げ足取りに終始する国内政治、朝鮮半島の緊張、
国連では核兵器禁止条約が採択(日本は不参加)され、アメリカは大統領も変わりました。

大なり小なりというか、気に留めておくべき対象に大も小もありはしないのですが、
自分たちの日常生活の目の前に横たわる、身近な問題くらいは、そろそろ意識したい。
なんかこう、自分たちが好きなファッションを通じて、そういう問題の現状とか展望とかを
まとめてもいいな ! 「Ensemble/アンサンブル」は、そうした学生(11人)の声によって始動しました。

彼らが向き合った社会問題は全部で「11」。

学生Kさんの「コミュニケーション障害」記事を皮切りに、「核戦争」、「フェアトレード」、「水質汚濁」、
「児童虐待」、「動物愛護」、「メディア・リテラシー」、「宗教紛争」、「テロ」、「LGBT」、
それに「フェミニズム」をテーマに、各分野の第一線で活躍されるかたがたに取材を依頼しました。

SNSはあくまでもツール。縛られるのではなく、使いこなすことが肝心なのだ。情報伝達の手段がますます手軽さを増す一方、その“主役”であるはずの私たちは、どれほど「自分の範疇」で各ツールを駆使できているだろうか。
P04 「“ネット”に縛られる若者」 より (研究テーマ_コミュニケーション障害/執筆学生:K)

(長崎大学核兵器廃絶研究センター・客員研究員 桐谷多恵子さんが、広島・平和記念公園の話題にふれ)「広島の復興は、世界へアピールするための被爆都市としての『復興』でした。しかし、生活者のための復興とは言えません。我々はその“公園”を、原爆を忘れないための場所であり、もう二度と戦争に使われないよう決意する場ということを改めて胸に刻まなければなりません」。
P06 「同時代を生きる、被爆者と私たち」 より (研究テーマ_核戦争/執筆学生:Y)

有名無名問わず、情報発信には責任がともなう。新聞記者である川上さんが、日ごろいかに真実を伝えるために、足を動かし、様ざまな立場の人に会っているか。つまり、誰によってその記事(情報)が提供されているかを、私たちは判別すべきだ。
P16 「情報を正しく選別すべき時代」 より (研究テーマ_メディア・リテラシー/執筆学生:T)

学生として、若者として、女として、男として、
それぞれの立場からわき上がる感情を抑えつつ、客観的に物事をとらえる難しさ。
まして、長文など、普段まったく書く機会のない(おっさんでも滅多にない)学生には、
この授業は身にこたえる挑戦だったはずです。
ただそれ以上に、この取組み(授業)は、問題を問題として理解することや
問題の改善にあたる人が自分たちの身の回りに確かに存在していることを学ぶ絶好のチャンスでした。

私たちを取り巻く社会・自然環境、ひいては世界情勢は、日々めまぐるしく移り変わっている。
それにともない社会では今、自分たちの想像をはるかに超える新しい価値観が生まれている一方で、
様ざまな課題が立ちはだかっている。本誌「アンサンブル」は、ファッション誌でありながら、
現代を生きる読者の代表として、学生の私たちが今、避けては通れぬ11の社会テーマを考える。
小誌をきっかけに、これから向かうべき人間の未来を共に模索してみよう。

P02 プロローグより

学生が大仰なことを言いおって! という気持ちもわかりますが、
もうずいぶんと社会を経験してしまっている人にこそ、
目にしてもらいたい現実があります。出会える言葉があります。

本「Ensemble/アンサンブル」は、リンデ店頭でも無料配布しています。

どうぞ手に取ってご一読ください。

最後に、本誌制作にあたり取材のご協力をいただいたかたがたは下記のとおりです。
昨年はお忙しいなか、学生のために時間を割いてくださり、本当にありがとうございました。

(ページ順に)
株式会社 電通 若者研究部 奈木れい さま
長崎大学核兵器廃絶研究センター・客員研究員 桐谷多恵子 さま
●切明千枝子 さま
長崎原爆資料館 さま
ポップコーヒーズ 宮房武亮 さま
福岡県環境部環境保全課水質係 さま
福岡市こども総合センター 久保健二 さま
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 さま
毎日新聞福岡報道部 川上珠実 さま
福岡マスジドアンヌールイスラム文化センター さま
福岡市役所市民局・防災危機管理部・防災危機管理課 松浦裕樹 さま、西川秀一郎 さま
LGBT-JAPAN 田附亮 さま
●東京大学名誉教授 上野千鶴子 さま
※所属・役職表記等は2017年12月時点のものです

今年もご来店ありがとうございました

IMG_1638IMG_1637IMG_1635手紙用品店 リンデ カルトナージュおよび、編集プロダクション コモン編集室は、
本日をもち今年の業務を終了いたしました。

本年も皆さまのお支えにより、健やかに毎日を歩むことができました。
心よりお礼申しあげます。

明日も生きとし生けるものが幸福でありますように。 

店主

※新年は1月4日より営業開始です。
※ベルギーle typographe入荷遅延品が到着しました。長らくお待たせいたしました。

ル タイポグラフ商品の到着と一部品番到着の遅れに関するお詫び

リンデ カルトナージュにおこしくださりありがとうございます。

IMG_5241例年恒例、リンデのクリスマス・カードコレクション。

IMG_5213IMG_5221言うまでもなく今年は、渡航したベルギーから数々のクリスマス・カードが揃いました。
活版やエンボス、ハンドエングレイブド(彫刻印刷)など、それぞれの印刷所の随がつまった、
アートピースを、どうぞ引き続きお楽しみください。

IMG_5297また、明日(12/1)から、10月のBELGIUM SIGHTで
「ル タイポグラフ」のステーショナリー予約を承った品々を引き渡し開始します。

ところが、
ここでひとつ、お詫び申し上げなくてはなりません。

10月末までのご予約分を製造し、今日まで入荷手配を進めてきましたが、
完成の都度ベルギー(工場)から送るという印刷所の意向(一度に量産できないこと)により、
到着分のアイテムのなかに一部、製造が追いついていない品番がございます。

ご予約のお客様におかれましては、来店の前にご連絡いただき、
ご自身予約分の到着状況を一度、店までご確認いただけますと幸いです。

引き取りを楽しみにお待ちいただいている皆さまに対し、
製造に時間を要しておりますこと、改めてお詫びするとともに、
もうしばらくお時間たまわりますよう、伏してお願い申し上げます。

なお、遅れの便の到着は12月の第1週〜2週で調整しておりますが、
便到着の日時が判明次第、こちらに改めて情報をご案内いたします。

たいへん申し訳ありません。

店主

「インクのじかん」はじめます!

いつもリンデ カルトナージュにお越しくださりありがとうございます。

リンデにおこしくださりありがとうございます。
IMG_9932日が落ちるのもすっかり早くなり、冬への移ろいを感じる今日この頃。一ヶ月にわたり開催した“BELGIUM SIGHT”も終了し、店内にベルギーの名残りを感じつつも、11月がスタートしました。

寒さが深まると、万年筆やガラスペンをお使いのひとは、
落葉を感じさせるブラウンや重厚感のあるグリーンなど秋のイメージカラーから、
インクを冬の寒空を感じさせる鈍いグレーやニュアンスのあるブラックに変えたくなる頃合いかもしれません。
IMG_9934とはいえ、ボトルのインクは使っていてもなかなか減らないもの(長持ちするのは魅力ですが)。
当店でも取り扱いインクが増えるたびに、みなさんから「新しいインクを試したいのに、なかなか使いきれない」というもどかしさをお話しいただくこともしばしば。

そこで今月は、万年筆インクに魅せられるあなたのための、「インク交換会」を実施します!

リンデ初の試みとなる今回のワークショップ。
万年筆のボトルインクを一本でもお持ちの方なら、誰でも楽しめる貴重な機会です。

とっておきの一本を手に、”INK Friend”の輪を広げていただきたいと思います。
どうぞ迷わずお申し込みくださいませ!

野津がお届けしました!

IMG_7833-1リンデカルトナージュワークショップ『手紙のじかん』
万年筆インク交換会 Let’s be “INK” friend!

【内容】
1.「インク」の自己紹介…ご持参いただいたインクの紹介をしていただきます。
2.好きなインクを3種選びます。
※1つのインクごとに、採取は3本までとします。人気が集中した場合はじゃんけん勝負優先で。
3.インクを採取したミニボトルに、手に入れた色でラベルを作って貼ります。

【日時】11月26日(日)14:00-16:00
【場所】Linde Cartonnage 店内にて
【お申し込み】11月15日まで ※定員15名になり次第しめきり
【予約フォーム】http://keitime.com/evententry
※インクをお持ちの方は、どなたでも参加できます。

【参加費】2,500円(スポイト付きミニボトル×3本付き(お好みのインクを3種持ち帰っていただけます。)

【持参物】ご自身がお持ちのボトルインク(1本〜3本)
※1つのインクから、ミニボトル3本分を他のご参加者に分けていただきますのでご了承の上お持ちください。(ボトル1本=約5ml)
※お持ち帰り用のバッグは各自ご用意ください。

【イベントのお問い合わせ先】
リンデ カルトナージュ (瀬口・野津)
info@linde-cartonnage.com / 092-725-7745

K (代表 古賀)
info@keitime.com / 090-1193-7106

BELGIUM SIGHTと10月の手紙のじかん

リンデ カルトナージュにおこしくださりありがとうございます。

BELGIUM SIGHTは、現地から持ち帰った品、
あるいは旅の“成果物”をとおして、ベルギーの魅力を感じられるイベントです。
引き続き、お楽しみください。
IMG_1277FullSizeRenderIMG_1269IMG_1285FullSizeRender 2

SNSの投稿にもお知らせしておりますが、
展示3周目に入る10/21(土)pmから、店頭に“あるもの”が登場します。

後半の“ベルギー旅”を楽しんでいただくための愉快なツールもお見逃しなく。

そんなこんなで気がつけば、今月の手紙のじかんの詳細をお伝えすべきタイミングに……。

22449666_1823443227669204_8074819501960979152_n
ベルギー展での絵も好評の佐々木亮平さんに、
今月の手紙のじかんにもご登壇いただきます!

今回も初めての試みを実施します(詳細を下記にご紹介します)。

今回は2部制による少人数開催です。
ベルギー展示の雰囲気のなか、楽しい時間を共有しましょう!
みなさんのご参加をお待ちしております。

———————————————-

佐々木亮平さんをお迎えして、ガラスペンとインクが織りなすアートワークを楽しんでいただいた
7月の大人の塗り絵、9月の切手アート、10月は???

今回は、ポートレート(似顔絵描き)に挑戦していただきます!
自分を描くもよし、大好きな方を描くもよし
手紙を描く時間のペンとインクがクロッキーの道具に早変わりする瞬間です!
どうぞお楽しみに

【日時】10月28日(土)
11:30-13:30
14:30-16:30
【定員】各回5名さま

【内容】
線描きのコツ、インクの特性や、ガラスペンの構造を活かした描き方などを佐々木さんがガイド。
ポートレートを参加者ご自身で仕上げていきます。

【持参物】
ガラスペン、お気に入りのインクがあれば(ペン、インク共にお貸出し用がございます。
あらかじめ描きたい人物の写真をお持ちください。(候補として5枚程度を目安に)

【参加費】
3,000円+材料費(数百円)

【予約申し込み】
K(ケイ)古賀由美子

【各種問合せ先】
K 代表 info@keitime.com 古賀
Linde CARTONNAGE 092-725-7745 瀬口・野津

================
【ガイド役プロフィール】

佐々木 亮平(ryohei sasaki)
1985年福岡県生まれ、福岡県在住。 
2007年よりライブペインターとして活動を始め、福岡を拠点に各地で活動。
2013年に参加したLivepaintDOJOでkaikaikikiより『GEISAI賞』を受賞。
この受賞をきっかけに、本格的に個展や作品提供などの活動を展開していく。
2014…初個展を東京の半蔵門にあるAGRAで開催。同年カルチャーマガジン『WIRED』での公募企画CREATIVE HACK AWARDにて奥田一平との共作がノミネートされる。
2015年…2回目となる個展をANAGRAで行う。同年、中目黒にある「HATOS BAR」と「KINFOLK lounge」にて個展を同時開催。また、雑誌の『THE DAY』にデザインパーカーへの作品提供と、ZINEを制作し提供している。
最近で記憶に新しいのはBEAMS での作品展開。「BEAMS T」への作品提供と併せてBEAMS 原宿での作品展示を行った。
 2007年から作風は様々に変化を遂げてきたが、今年に入り“岩”、“石”のモチーフに始まり、日本特有の剪定が施された庭木(主に槇/真木)の描写をしている。九州を旅して出会ったコトやモノ。庭や庭師を訪ね、インスパイアを受けたものを描いている。 

ベルギーに、”渡航”!

いつもリンデ カルトナージュにお越し下さりありがとうございます。
IMG_1345先日よりご案内しておりました当店イベント「ベルギー展 “BELGIUM SIGHT”」、とうとうスタートしました!
始まって現在4日目、すでに多くの方にご来店をいただいています。

IMG_1334店主の目でみたベルギーの記録を、
IMG_1331ガラスペンアーティスト 佐々木亮平さんが表情豊かな作品に。
IMG_1333
IMG_1336まだ歴史は浅いながら、活版印刷の風合いを活かしつつ、ポップなデザインが心をとらえて離さない”le typographe”のレターアイテム。
IMG_1337早朝から開かれる蚤の市に陳列されていたブロカント。
IMG_1339そのほかにもまだまだご紹介したいアイテムが店内にところ狭しと並んでいます。
IMG_1346そして今回のベルギー展、期間中にさまざまな変貌を遂げる予定ですので、この移り変わりもぜひご注目ください!

IMG_1344また当店の定休日が、これまで毎週水曜日となっておりましたが、期間中は不定休とさせていただきます。
なお、明日10/11(水)はスタッフ一同別業務にて不在のため、お休みをいただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

万年筆を長く使うために

いつもリンデ カルトナージュにお越しくださりありがとうございます。
FullSizeRender 18このところ、お手持ちの万年筆の洗浄に見えられる方が増えています。
「しばらくインクをいれたまま放置していた」
「長年使用しているが、まだ一度も洗浄したことがない」
実はこんな万年筆ユーザーの方、意外といらっしゃるのではないでしょうか。

IMG_1243万年筆で使用するインクは
・染料系インク(写真左)
・顔料系インク(写真右)
・古典インク(現在ほとんど流通していません)
の大きく3種類にわかれ、現在もっとも主流なのが染料インクです。

いわゆる水性タイプのインクで、なめらかな筆記感に加えペン先が乾燥しにくいのが特徴です。
とはいえ、長期にわたってインクを入れたままにしていると、やはり凝固してしまい、書けなくなってしまうことがあります。
「以前に比べインクの吸入量が少ない気がする」
「滑らかに書けず、ひっかかるような感じがある」
このようなときは、ぜひ一度洗浄によるお手入れをおすすめいたします。

洗浄の仕方は、とても簡単。インクが残っているのは、
・コンバーター内部
・ペン先
であるため、この2つのパーツを主に洗浄します。

まずはコンバーターを装着したままのペン先を、容器に入れた水につけていただき、インクと同じ要領で吸入してそのまま排出します。こちらを5~6回繰り返せば、洗浄が完了。
そしてコンバーターを取り外した後は、ペン先を水につけたまま一晩(最低でも4~5時間)放置するとインクがきれいに溶け出すので、あとはさっと流して柔らかい布やティッシュで拭き取れば、あっという間に洗浄終了です。
IMG_1247もしご自身でのお手入れが難しそうだと感じられたときは、万年筆の洗浄のサービスも行っておりますので、どうぞ当店までお持ちください。

野津がお届けしました!