カリグラフィーで書く、ラブメッセージ(会振り返り)

いつもリンデにおこしくださりありがとうございます。
IMG_5504バレンタインデイに贈るチョコレ〜ト!ではなく、
「ラブメッセージ」を掲げ実施した手紙のじかんでしたが、
今回は男性参加者の姿もあり嬉しかったです。お返し(=ホワイトデイ)にも有効ですよね!

IMG_5451
IMG_5460IMG_5461鉛筆、ポインテッドペンを基本道具に、ペン先の走らせかた、角度、あるいは間隔など、
初島先生お手製のガイドシートを教科書代わりに、時折実演を織り交ぜながら、
カリグラフィーのコツを様々に学んだひとときでした。

IMG_5500IMG_5483IMG_5488IMG_5467IMG_5468IMG_5498

カリグラフィーのスキル研鑽に20年以上も時間を費やしておられる初島先生でさえ、
「毎日が練習」とおっしゃるくらいですから、
たかだか2時間のワークショップで誰もが上手く書けるようになるなど到底無理な話かもしれません。
いっぽう、先生は毎度、参加者にこうも付け加えられます。

「きれいな字ではなく、丁寧に書くことが肝心ですよ」。

IMG_5512IMG_5521IMG_5527IMG_5523IMG_5522

その言葉の意味するものが、一人ひとりの字から理解できる気がします。
文字に型(書体)があるという概念は、人間が書く字には“表情”がうまれることの裏返しでもある。
だからまずは、自分自身がじっくりと、ゆっくりと、
字に向き合うのを自覚することからはじまっていくのかな。

カリグラフィーが上達する心得を、リンデはそのように解釈しています。

IMG_5530IMG_5529IMG_5534

IMG_5509
手紙のじかん。2月も最終日曜日(25日)にお会いしましょう。